スポンサーサイト

  • 2013.06.07 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


和装バッグ



旅行先で着物を着る予定なので
川端商店街の福八木さんで和装バッグを買ってきました。

友達から
「福八木さんはもともと卸をやっているところなので安いよ。」
と聞いて行ったのですが、
同じものが他の店よりずいぶん安かったです。


忘れ物しないようにしなくちゃね。ドキドキ。


放生会 博多のローカルルール

福博の秋の訪れを告げる放生会。
放生会とは、「万物の生命をいつくしみ、殺生を戒める神事」だそうです。
同時に実りの秋に感謝し、商売繁盛や家内安全を祈る神事でもあるらしい。


一般的には ほうじょうえ だそうですが、
博多では ほうじょうや と言われています。


また博多では、「放生会までは浴衣&薄物はOK」というローカルルールがあるそうです。


先日の日記(大浜流灌頂に行ってきました)で、
写真に「今年最後の浴衣となりました。」と書いていると、
友達から「まだ放生会があるよ。」と言われ、
おととし浴衣で行ったのを思い出しました。
あまりの暑さに、そのローカルルールを納得したのでした。


ちゃんぽん
生姜
おばけ屋敷

露天商の多さも特徴のようです。

おはじきが欲しいのですが、限定品なので、どうかな〜


9月12日〜18日 筥崎宮(はこざきぐう)にて


近所のスーパーへ行くときは



こんな足元。

草履



今日一緒にごはんを食べに行ったひとが
履いていた草履。
熊本で買ったもので
竹の皮を使っていた。

かご



浴衣にあわせようと思って購入。

「シロウトさんがつくったもの」とのこと。
2100円でした。

手作りらしいのだが
かごを編むところから作ったんだろうか?

大事に使います。

洗濯糊

そろそろ浴衣を洗って糊づけしようと思い
スーパーに洗濯糊を買いに行った。

どれを見ても化学糊と書いてあったので
家に帰ってググってみた。

片栗粉でできるんだって。
つくってみようかな。

「ホルマリンや蛍光剤などの添加物の心配もなく安心です。」
とのこと。

保存はきかないので2〜3日で使い切ることと
長期保管するとカビが生えたり虫がついたりするおそれがあるので
保管する前には糊を落としておくこと。
このふたつが注意することかな。

そういえば昔
お母さんがつくってたような。。。





雨模様



濡れても大丈夫な着物と草履で。

袈裟の撮影

今日は片道2時間半かけて
あるお寺へ行き
袈裟の写真を撮ってきた。

ひとつは夏用の素材の袈裟
もうひとつはプラチナ本金別織の袈裟で
すごいお値段でした。
(わたしの車だったら余裕で2台買えます。)

袈裟をしまうのは
法衣箪笥(ほういだんす)といい
素材はもちろん桐で
着物の箪笥より幅も奥行きも広く
袈裟と衣を入れるとちょうどいい大きさだった。

「水の中のASIAへ」着物着たユーミン

「ユーミンと歌いたい・ゆず・寺岡呼人・桜井和寿」
寺岡呼人の呼びかけで始まった夢のコラボ。



初めてコンサートというものに行ったのは 高校生の頃。
たしかユーミンの「水の中のASIAへ」じゃなかったかなぁ。
古すぎて記憶があいまいだ。

「ユーミンが目の前にいる。」
寺岡呼人の言葉で
その頃の感激を思い出した。





水の中のASIAへ

すっかり忘れていたがアルバムのジャケットは着物着たユーミンだ。
多分まだ実家にあるはず。
今度帰ったらさがしてみよう。

着物を帯に



写真は以前着てでかけたときのもの。

2年前古布屋さんの倉庫市で買った木綿の着物。
1000円でした!

続きを読む >>

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
Google Adsense
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM