<< 浴衣 | main | 着物の箪笥 >>

スポンサーサイト

  • 2013.06.07 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「パリジェンヌの着物はじめ」 マニグリエ真矢

日本人じゃなくても着物を素敵に着られるんだ!
もしかして日本人以上!?
負けてはおれませぬぞ!





パリジェンヌの着物はじめ



この本の中には
着物姿のマニグリエさんの写真が何枚か載ってます。
さすがパリジェンヌ、そこまで着こなしますか!ってくらい
彼女にしか着こなせないだろうというコーディネート。



「日本人であろうが外国人であろうが、合うものを着れば似合う」

「そこまで言うなら証明してみせてください」

そして紹介されたのが、「なか志まや」の中島さん。
これが始まりだったようです。



「着物は先進国の中で唯一残されているといっていい伝統衣装です。
それにともなう着る場や伝統芸能などが残されているのを
わたしはどこかうらやましく思います。」

そう言われるとそうですね。
今まで改めて考えたことはありませんでした。
日本人が着物を着ない手はない!



マニグリエさんはパリジェンヌらしいセンスと共に
季節感や思いをしのばせる場所など
日本的な感覚をあわせもっています。



「グッチがもし着物をつくったら」

あるひとがそういうイメージでつくられたそうです。

紬なのにシルバーのような光沢がある生地。
そこに織り出された細かな市松模様は
幾何学的でシャープな現代アートのよう。
帯も同系色のモダンな縞柄。

かっこいい〜!









スポンサーサイト

  • 2013.06.07 Friday
  • -
  • 22:28
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
遅まきながらありがとうございました。
わ、ビックリ♪

ありがとうございました。
  • 万里緒
  • 2009/06/18 11:15 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
Google Adsense
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM