<< アンティークの振り袖@友泉亭公園 | main | 倖田來未プロデュースによる浴衣 >>

スポンサーサイト

  • 2013.06.07 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「武士の一分」監督・山田洋次 主演・木村拓哉



武士の一分

よかったでがんす。




山田洋次監督による『たそがれ清兵衛』『隠し剣 鬼の爪』に続く、
藤沢周平原作小説の映画化。
役目のため失明した下級武士を支える妻と中間、
そして一分を通すため復讐に挑む侍の姿を描く。
主役の武士に木村拓哉。その妻に映画初出演の壇れいが扮し、
新鮮な存在感を見せている。
山田監督の作品は、一点一画を疎かにしない、
きちんとしたドラマを描くことに定評があるが、
『武士の一分』においてはそれが堅苦しさではなく、
娯楽映画としての完成度を高める方向に作用している。
前半。城中で毒味をする武士たちが、横一列に並んで役目を果たす、
その軽快な動きの楽しさ。
木村拓哉という絶妙な素材を得た山田監督の演出ははずみ、
時折“SMAPのキムタク”をも見せて笑いを誘う。
ドラマが佳境に入ると同時に、徐々に緊張感が増してくるが、
息苦しさを感じさせることはない。
木村の侍が復讐をとげる、
その決闘シーンは良質なアクション映画さながらのテンションと迫力を誇示。
その後に描かれる、ほろりとさせられる結末。
そしてどのような武士にも守るべき一分があることをさりげなく示唆する、
その優しさと余韻の豊かさ。
娯楽映画として、完璧な出来である。(斉藤守彦)
 アマゾンより



最初のほうの木村拓哉さんは
スマスマのときのようなかんじでしたが
目が見えなくなってからの演技はよかったです。

加世役の壇れいさんという女優さんはこの映画で知りました。
宝塚出身の方のようです。
所作がきれいでした。

縞のように見えるけど
よく見たらチェックだったり
木綿の着物が美しかったです。


徳平役の笹野高史さんの存在感が大きかったですね。


最後もよかった。





スポンサーサイト

  • 2013.06.07 Friday
  • -
  • 00:10
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
Google Adsense
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM