<< 「日経おとなのOFF」6月号表紙 菊川怜さんの着物 | main | 着物を着たときの髪型 >>

スポンサーサイト

  • 2013.06.07 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「春の雪」監督・行定勲 主演・妻夫木聡、竹内結子



春の雪

三島由紀夫「豊饒の海」4部作の1巻目を、初の映画化。
行定勲監督の下、妻夫木聡、竹内結子という魅力的な共演が実現した。
大正初期を舞台に、栄華を誇る侯爵家の若き子息、松枝清顕と、
没落の気配を見せ始めた伯爵家の令嬢、綾倉聡子の悲恋を描く。
宮家の王子から求婚を受けた聡子が、
それでも清顕と関係を持ってしまい、
取り返しのつかない運命をたどることになる。




七緒に紹介が載っていたので借りてきた。

振り袖はもちろん襦袢や半えりがほんとに美しかった。

ストーリーはわりとシンプルだったので
女中さんのエプロンはお太鼓のうえから結んでるんだとか
長い髪はおろすのもありだなとか
こういう映画だったらエキストラででたいなとか
戦争で燃えた美術品がたくさんあったんだろうなとか
そんなこと考えながらみた。

日本って美しいんだな。
着物だけじゃなく庭や風景も。

2005年の作品だが
まだこのような映画を撮る監督がいるんだ。

美輪明宏さんが「三島さんに見せてあげたい」と言ったとか言わないとか。


宮家の王子はミッチー(及川光博)でした。
まさに王子(笑)

印象に残ったのは聡子のお付き「たでしな」(字がわからない)を演じた大楠道代さん。
今回の着物は地味でした大好きな女優さんです。
たでしなが◯◯◯◯◯をするシーンがよかった。
内緒にしておきます。





スポンサーサイト

  • 2013.06.07 Friday
  • -
  • 00:23
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
Google Adsense
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM