<< 今日の下駄 | main | 船乗り込み >>

スポンサーサイト

  • 2013.06.07 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


沖縄染織 文化展



「沖縄染織 文化展」へ行ってきた。

海を渡り、中国や南方の国々と交流し、
独自の文化を築き上げていた琉球王国。
今回は王国時代に発展した染織を、
今に伝える十数人の作家による文化展です。
八重山上布、宮古上布、芭蕉布、琉球紅型など、
沖縄で花開いた素晴らしい染織作品が一堂に。
王国時代に用いられた図柄を納めた
「御絵図」の複製をはじめとする、
さまざまな資料展示も行われます。

八重山上布・白垣幸子(無形文化財)
宮古上布・砂川美恵子
芭蕉布・平良敏子(重要無形文化財)
琉球紅型・玉那覇有公(重要無形文化財)
八重山上布・中村澄子(無形文化財)
首里の織物・宮平初子(重要無形文化財)
など

日時 22日(火)5時まで(明日まで!)
会場 大野城まどかぴあ1階多目的ホール
主催 きもの 旭屋
入場料 無料




「美しいキモノ」などで
名前だけ知っている作家さんの布を見てきました。

木綿も絹も細い糸。
質の高いものを求められ
できたらしい。

芭蕉布は芭蕉で
上布は苧麻(ちょま)で織られる布。

作家さんたちは原料も自ら育てる。
糸になる苧麻、染料になる藍や紅花など。
種をとり、まき、花びらを摘んで染料にする。

黄色の染料になる福木(ふくぎ)など
山に行って切ってくる植物も。
帰るときは麻袋に入れて。

苧麻の繊維を糸にするのは
それ専門のおばあちゃんが何人かいるそうです。
細くするのは技術ですね。

「糸紡ぎは楽しいからやってるの。
これさえあれば、寂しくない。」
自作の糸をもってわらうおばあさん。
展示場においてあったファイルの中にみつけました。
とってもいい笑顔。


会場に砂川美恵子さんの布でつくった着物を
着てらっしゃる方がいました。
帯から下に大きなしわ。
なじむのにかなり時間がかかりそうだ。

写真はNGなのでありません。
TVカメラがきてたのでどこかで放送されたかも。
明日までですが時間のある方は是非〜






スポンサーサイト

  • 2013.06.07 Friday
  • -
  • 20:42
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
Google Adsense
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM