<< 着物deどんたく | main | 蒼井優@「蟲師」 >>

スポンサーサイト

  • 2013.06.07 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「さくらん」監督・蜷川実花

キセルって便利らしい。


映画「さくらん」をみた。

女が自由に生きられない時代を女性監督が描く。


着物や襦袢の柄
ふすまの絵
花の飾り方
赤い壁

時代にこだわらない衣装やセットがとてもきれいだった。
え〜、障子以外は(笑)
障子はまっ白な方が好きです。



土屋アンナもよかった!
後半になるほど、よくなっていった気がする。


「・・・それさえ見届けりゃぁ
どうなろうと知ったことか。」

「だれが泣くもんか!」

「・・・いっそ腹ん中のガキと一緒にお手討ちになったほうがいいさ!」


「なんでもあるより、おもしろそうだ。」



椎名林檎の音楽もなんてぴったり!



そして最後

菜の花の中を走って行くふたり(TT)
いちばん最後も好きだった。






いい映画でした。





スポンサーサイト

  • 2013.06.07 Friday
  • -
  • 16:36
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
とにかく色が綺麗よねー。私、DVDも買いました(笑)。
実は、映画としては??と思っているのですが、
原作が好きで、着物が綺麗で、しかも音楽担当、椎名林檎とくれば
買わざるを得ないでしょう(笑)。
でも、そんなにいつもいつも観らんとよね。
テレビでもあったし、買ったのもったいなかったかなー…
  • utako
  • 2008/05/12 8:31 PM
>utakoさん

そう、ほんと色がきれいだった。
赤と、あと青も。
予告とかで見て想像してたより、全然よかった。
(期待度が低かったのか?)

音楽も、ちゃんとはまってよかった。

DVD買ったんだ〜
最近DVDでみるのが好きなんだよね。
何回も見れるから。

風呂のシーンで、子どもの頃も鼻ブクブクしてたなとか(笑)
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
Google Adsense
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM